フェイスブックからアップルまで:トップ大企業のユニークな6つの文化的特徴

最も成功しているビッグテック企業は、世界に大きな影響を与えています。すべての行動と決定の背後には、成功のための明確なビジョンがあります。そのビジョンは、従業員が卓越した努力をするよう促す企業文化によって推進されます。ビッグテック企業は、独自の文化的特徴によって、ビジョンを実現するために必要な革新性と柔軟性を育んでいます。これにより、業界のリーダーとして、また世界中の企業のロールモデルとしての地位を確立しています。

企業文化は、業種や規模にかかわらず、すべての企業にとって重要です。ここでは、中小企業の成功にも役立つ、ビッグテックならではの6つの企業文化の特徴をご紹介します。

スモールビジネスにも拡張可能な6つのユニークな企業文化の特徴

  1. ハッカー文化:制限を克服する創造的な方法を見つける

大企業では、ソフトウェアの制限を克服するための創造的な方法を見つけるという珍しい課題に直面しています。ハッカー文化では、柔軟性と大胆さが求められ上層部に問題が伝わる前に従業員が自分で問題を素早く解決することが奨励されます。また、オープンなコミュニケーションチャンネルが求められ、従業員がアイデアを共有し、会社と顧客のために最善の結果を見つけるために解決策を練る自由が生まれます。

Facebookは、インターネットや技術の進歩に合わせて、ソーシャルネットワークやサイバーセキュリティのソリューションを考案する際に、創造的な問題解決を行うハッカー文化を大切にしています。

  1. 従業員のエンゲージメント:柔軟で楽しい環境を作る

会社のミッションに賛同してもらうためには、社員のエンゲージメントが欠かせません。グーグルは従業員が既成概念にとらわれず、自分で考えて決断できるような信頼に基づいた柔軟で楽しい環境をつくっています。社員はインフォーマルなスペースに集まり、コラボレーショ ンやアイデアを共有します。失敗しても報われるので、失敗を恐れることもありません。人々はブレインストームや革新、既成概念にとらわれない考えを躊躇なく行うことができます。

このような創造性を育むことで、グーグルは社員に力を与え彼らの信頼と忠誠心を獲得し、その過程で驚くほどクリエイティブなソリューションを開発しているのです。

  1. 成長マインドセット:従業員が個々に実践することを奨励する

どんな会社でも、必ず壁にぶつかることがあります。そのようなとき、成長思考では、社員が目の前の問題をより深く知り、可能な限りの解決策を見出すことができます。マイクロソフトでは、成長マインドセットを用いて、常に情報を探し、知識を得ようとする飽くなき好奇心を持った学習者でありたいという願望を従業員に植え付けている。また、グーグルのように、失敗しても構わないという環境を提供している。

試行錯誤は価値あるソリューションを発見するための手段であり、成長マインドセットはそれを可能にします。

  1. 学位がなくても、私たちのプログラムを学べばいい:技術大手のトレーニングシステムを採用する

技術系の大手企業は、すべての技術的なスキルを学校で学べるわけではないことに気づくケースが増えています。Apple、Google、IBMなどの企業は、4年制大学の学位よりも、一流の優秀な人材を採用することを重視しています。彼らが求めているのは、能力と創造性に優れ、独自のアイデアを保護するために必要な秘密を守り、会社が競争で優位に立つことができる人材です。

また、業務遂行に必要な技術的なノウハウについては、大学では学べなかった教育を社内で提供しています。学歴よりも技術を重視することで、ビッグテックは従来の基準に挑戦し、イノベーションへの道を切り開いているのです。

  1. イノベーション中心:優れたアイデアを決して無駄にしない

イノベーションを第一に考える企業は、私たちの日常生活や社会全体を向上させる最先端の製品を開発する可能性が高い。サムスンは、優れた製品を開発するために従業員の知識、能力、技術を重視することで、イノベーション中心の文化を浸透させることを重視しています。

このようにして、同社は製品やサービスのラインだけでなく、継続的な開発の機会を設けています。また、従業員の個人的かつ専門的な成長を促進し、個々の目標を達成するために従業員同士がサポートし合うことを奨励しています。

これにより、卓越性を追求する誠実で継続的な変化のある職場の基礎が築かれます。

  1. スタッフを家族のように扱う:一生連れ添うことになる

自分が働いている会社に出資していると感じている人は、その会社全体の成功に向けて働く意欲を高めます。アリババは、従業員が率直なフィードバックをしたり、価値ある提案をしたり、会社のリーダーシップを(敬意を持って)批判することを奨励することで、従業員に力を与えています。

アリババは、透明性のある環境を推進し、新しいアイデアにオープンで、会社と製品に関する主要な決定に従業員のフィードバックを含めています。このようにして、アリババはスタッフに価値があると感じさせることで、会社に長く留まり、新しいアイデアを提案し続ける忠実な労働力を構築しています。

家族のように扱われているスタッフは、会社の目標や成果に対してより多くの賛同を得られます。

ユニークな企業文化で競合他社に差をつける

企業の規模の大小にかかわらず、共通して言えることは、企業文化が成功を左右するということです。

これらのユニークな戦略を実践することで、ミッションに情熱を持ち、会社に忠誠心を持ち、創造的なアイデアを自由に生み出すことができる従業員を作り、競合他社に差をつけることができます。

コメント

日本では責任問題とミス回避が第一優先事項となりがちです。しかしハッカー中心、イノベーション中心の文化の会社が世界を席巻してきたのは事実です。大きな会社で部署の縦割りに苦しんだ人は多いのではないでしょうか?創造的な野心的な企画を練っても認めれなかったことがあるのではないでしょうか?すべての会社がハッカー中心、イノベーション中心でうまくいかはわかりません。しかし変化のない組織は衰退します。今こそ組織を変革するべき時です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です